宇田川信一プロフィール

– PROFILE –


 



プロフィール


e5ae87e794b0e5b79de6a798e58699e79c9fe291a11

  

氏 名 宇田川 信一 (うだがわ しんいち)

出身地  新潟県

生年月日 昭和4年5月1日

 


 

昭和20年   警視庁少年警察官(15歳)に任官し入官。
昭和21年   米軍憲兵司令部に派遣されMP同乗の英語通訳。
昭和24年   警視庁巡査。万世橋警察署外勤係。
昭和29年   中央大学第一法学部を卒業。巡査部長・警部補・警部試験に合格昇任。
昭和38年   警察庁に出向。同警務局人事課監察係長。
昭和41年   警視庁復帰。警視庁警務部人事第1課係長、警備第1課長代理。
昭和45年   警視に昇任。昭和48年東京空港警察署長。
昭和54年   警視正に昇任し、東京都警察通信部通信庶務課長。
       警察庁警備局付として内閣調査室調査官。
昭和56年   警視庁復帰。丸の内警察署長、警ら総務課長、総務部参事官。
昭和59年   警視長に昇任。警視庁警察学校長、警察大学校教官教養部長。
昭和62年   警視監に昇任。早期退官後、警察大学校名誉講師を委託。
       東海興業株式会社副社長待遇、特別顧問となる。

 

安保反対闘争・国会乱入事件・社会党浅沼委員長刺殺事件、新宿騒擾事件、
東大安田講堂事件三島由紀夫事件、浅間山荘事件、よど号ハイジャック事件など、
動乱の60.70年代に起きた歴史的大事件の捜査、警備に関与指揮をとる。

昭和63年   「春の園遊会」に招待される。
平成6年     東海興業株式会社より、東和警備保障株式会社 独立。
平成14年   秋季叙勲により、勲四等旭日小綬章を授与される。
平成22年   東和警備保障株式会社が、株式会社東経の全株式を取得し完全子会社化。
平成25年   東和警備保障(株) 取締役会長を退任。
       東和警備保障(株)から宇田川信一に、(株)東経の株式を譲渡し独立。
       北区へ本社移転。
       現在は株式会社東経・代表取締役会長。

 


 

●警視庁弥生クラブ・相談役
●警視庁無名会・相談役
●信友会・会長
●警視庁東京警友会連合会・連合会・常任理事
●株式会社ブロードリーフ・顧問
等々を歴任。

 

参考 宇田川信一 wikipedia

 

 

ページ: 1 2